VIRGIN HARLEY |  ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートトピックス

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポート

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

ハーレーダビッドソン2019年全37モデル
2018年8月23日より予約販売開始!

2018年8月22日(水)、世界同時発表されたハーレーダビッドソン2019年モデルの展示・撮影会が東京都目黒区の「STREAMER COFFEE COMPANY」で開催された。2019年のラインナップは全37モデルで、最大のトピックスはソフテイルファミリーにニューモデルの「FXDR 114」が加わったことだ。

もちろんこの「FXDR 114」も会場に展示され、多くのメディアから注目を集めていた。2018年モデルで新型ソフテイルとして刷新された同ファミリーには、ツアラーからクルーザー、ボバー、チョッパーなど数多くのスタイルを持ったマシンがラインナップされているが、「FXDR114」はドラッグレーサーとダートトラックレーサーを融合させたような独自のスタイルに仕上げられている。全ラインナップの中で最もアグレッシブなモデルと言えるだろう。現在ではラインナップから姿を消したスポーツスター「XR1200」と水冷の「V-ROD」を掛け合わせたようなこの斬新なスタイルは、他メーカーのマシンを見渡しても個性が特出している。その心臓部には排気量1,868ccのミルウォーキーエイト114を搭載。ずば抜けたコーナリング性能も有している。

さらに2019年モデルのCVOモデルを含むツーリングファミリー(「ロードキング」、「ロードキングスペシャル」を除く)と「トライグライドウルトラ」には 、新しいインフォテイメントシステム「BOOM! BOX GTS」が搭載された。日本語を含む多言語に対応したナビゲーション、Apple CarPlayへの対応も実現。バイク専用の耐久性を持ち、タブレットのような外観、機能を備えている。手持ちのiPhoneとリンクさせればナビゲーションや音楽を楽しむことができることも魅力的だ。

ツーリングファミリーの「ロードキングスペシャル」「ストリートグライドスペシャル」「ロードグライドスペシャル」「ロードグライドウルトラ」「ウルトラリミテッド」「ウルトラリミテッドロー」の6車種は、従来のミルウォーキーエイト107(排気量1,625cc)から最大トルクが約9%アップした、ミルウォーキーエイト114(排気量1,868cc)にアップグレード。トライクファミリーの「トライグライドウルトラ」「フリーウィーラー」にもミルウォーキーエイト114を標準搭載し、新しいリフレックスリンクドブレーキシステムの導入によって、パワフルな乗り味と安全性の両立が実現されている。それでは早速、ハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会の模様をお伝えしよう。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

東京都目黒区の「STREAMER COFFEE COMPANY」でハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会が8月22日(水)に開催された。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

2019年モデル最大のトピックスはソフテイルファミリーに新たに加わったFXDR 114だ。2019年度のハーレーダビッドソンを象徴する一台に仕上げられている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

スペックは■全長×全幅×全高:2,425x925x1,085mm■ホイールベース:1,735mm■最低地上高:140mm■シート高(無負荷状態):720mm■車両重量:303kg■レーク・トレール:34°・120mm■フューエルタンク容量:16.7L■ フロントタイヤ:120/70ZR-19 60W(ミシュランスコーチャー)■リアタイヤ:240/40R-18 79V(ミシュランスコーチャー)■フロント・リアブレーキ:フロント固定4ピストン・リアフローティング2ピストン ■フロントフォーク:43mm シングルカートリッジ倒立フロントフォーク ■ABS装備

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

カラーは写真のビビッドブラックの他に、ブラックデニム、インダストリアル グレーデニム、ウィキッドレッドデニム、ボンネビルソルトデニム、ローハイドデニムの計6色が用意されている。価格はビビッドブラックが286万2,000円(税込)、モノトーンモデルは290万4,000円となっている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

LED異形ヘッドライトに小型のコンポジットスピードスクリーン、LEDウインカーが作り出す個性的なフロントマスク。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

容量16.7Lのスチール製フューエルタンク。エッジが聞いたシャープなデザインが特徴となっている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

FXDR 114最大の特徴は、この新型コンポジットソロシートテールであろう。シートとサイドカバーとのマッチングを考えたデザインが採用されており、スピード感溢れるものだ。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

ショートタイプのソロシートテールを補う意味で、樹脂製のインナーフェンダーが装備されている。一体型のLEDテールライトとLEDウインカーのユニットはスイングアームからアームを介してマウントされている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

43mm径のシングルカートリッジ式倒立フロントフォークを装備。フロントブレーキは固定4ピストンのダブルディスクとされる。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

ドラッグレーサーからインスパイアされた新型エアインテークを装備したミルウォーキーエイト114(排気量1,868cc)。エンジンカラーはマットブラックとグロスブラックのコンビネーションで美しく仕上げられている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

フレームのダウンチューブに装着されたラジエター&ラジエターカバー。非常にレーシーなデザインが採用されている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

レイク角を考えてデザインされた迫力の2-1-2高性能マフラーも斬新なスタイルだ。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

軽量化が図られた新型のアルミニウムスイングアームに、リアブレーキはフローティングディスク&2ピストンキャリパーという組み合わせ。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

ハンドルはセパレートタイプのアップハンドルが取り付けられている。デジタル式ライザーゲージにキーレスイグニッションも装備している。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

ステップはクルージング走行を想定してフォワードコントロールが採用されている。ここは好みが別れるところか。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

CVOモデルとツーリングファミリー(ロードキング、ロードキングスペシャルを除く)、トライクのトライグライドウルトラには 、新しいインフォテイメントシステム「BOOM! BOX GTS」が搭載されている。日本語表示が可能で、エンジンメンテナンスの情報なども表示できる。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

ツーリングファミリーの2019年式ロードグライドウルトラ。フレームマウントのシャークノーズフェアリングが無二の個性を発揮。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

ロードグライドウルトラのエンジンは、従来のミルウォーキーエイト107(排気量1,625cc)から最大トルクが約9%アップした、ミルウォーキーエイト114(排気量1,868cc)に変更されている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

ハーレーダビッドソンのフラッグシップモデル、2019年式のCVOロードグライド。2019年度のCVOは、このロードグライドの他にCVOストリートグライド、CVOリミテッドの計3モデルが用意されている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

CVOの心臓部はハーレーダビッドソン最強の排気量1,923ccのミルウォーキーエイト117が唯一搭載されている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

CVOロードグライドのコックピット。新しいインフォテイメントシステム「BOOM! BOX GTS」に高性能スピーカーなど、豪華装備を誇る。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

フレームマウントのシャークノーズフェアリングにはデザイン性を重視したショートタイプのスクリーンが取り付けられている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

スムージングが施されたCVOロードグライドのリアエンドは見所満載。サイドバッグのカバーにもスピーカーを装備した豪華仕様である。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

ツーリングファミリーの2019年式ロードグライドスペシャル。エンジンはよりパワフルなミルウォーキーエイト114(排気量1,868c)が搭載されている。ブラックアウトされたエンジンと足回りで、ダークカスタムテイストが演出されている。

ソフテイルのニューモデル「FXDR 114」がお披露目されたハーレーダビッドソン2019年モデル展示・撮影会レポートの画像

トライクファミリーの2019年式フリーウィーラーとトライグライドウルトラ。エンジンはミルウォーキーエイト114(排気量1,868c)にアップグレードされ、トライグライドウルトラには新しいインフォテイメントシステム「BOOM! BOX GTS」が搭載されている。

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。